すーさいだーず

わが身を削りネタを提供していく、とあるニート研究者のブログです。役立ち情報や雑記など書く予定。暇つぶしにでもなれば幸いです。

99%失敗する告白の方法

こんばんは、

今日も暑かったですね。

斉田です。

 

僕は告白するのがとても下手です。

だって雰囲気とか作るの面倒じゃないですか。

 

昔はお酒を飲んでいて、お酒の力を借りることも有りました。

ですが、今はお酒も飲みませんので、

酔っぱらっていい雰囲気になることもありません。

ですので、良い感じの雰囲気に持っていくのが余計に難しいですね。

 

そんな僕が今まで失敗した告白のシュチュエーションを振り返っていくことで、

失敗する告白の仕方を学んでいきましょう。

 

 

 

カラオケボックスで唐突に告白する

 

相手は少し化粧が派手で、

良い子そうなんだけれど、

なんだか少し抜けている子。

 

カラオケに行って、

二人で同じ歌を歌ったり、

良い感じに盛り上がった僕ら。

 

そこそこに盛り上がり、時間が来てしまいました。

2回目のデートだったので、

今日言っておきたいなぁと思い、

その場で告白しました。

 

すると、まだそういうのかどうかわからない、

なんていう曖昧な返事が返ってきました。

 

中途半端な態度が面倒になった僕は、

そっか、じゃあ仕方ないな

と言って二人で部屋を出ました。

 

 

 

漫画喫茶で唐突に告白する

 

二回目のデート。

相手は今まで恋愛経験もほとんどない女の子。

性格は優しくていい子そう。

漫画喫茶で数時間一緒にすごし、

良い感じに密着して甘えてきた。

僕はいけるだろうと思って、

そのまま告白しちゃいました。

 

でも、断られちゃったんですね。

雰囲気がいいところで言ってほしいと言われました。

 

 

 

道で一緒に歩きながら告白する

 

2度目のデートで、

相手は真面目そうな子。

今まで全く恋愛経験がなかったらしく、

男ともほとんど話してこなかったらしい。

 

服の話や趣味が合い、

良い感じかなぁと思ったので、

道で歩きながら告白してみました。

 

そしたら無残にも玉砕。

上手く行かないものですね。笑

 

 

考察

 

以上、僕が上手く行かなかったケースを見てきましたが、

これから分析していきましょう。

 

・よくよく考えると、「好き」って言ってない

 

僕は思うんです。

あんまりあったこともない相手のことを好きになるのか?

しばらくしてから、相手のことを分かってから、

相手と色々交流があってこそ好きになるんじゃないかと。

 

僕は馬鹿なので、「好き」でもないのに言えないんですよね。

だから、

「付き合おうや」

とだけ言ってしまいました。

それもマイナスだったのかもしれませんね。笑

 

・唐突に言うのではなく、雰囲気がある場所で言おう

 

やっぱり雰囲気も大事なんだと思います。笑

みんながイチャイチャしている場であるとか、

綺麗な夜景が見える場所だとか…。

 

横浜の公園とかも良いんじゃないでしょうか。

夜景を見ながら言うのとかも、

キラキラと光るものを見ながらになるので、

心理学的にいいらしいですよ。

僕も今度試してみようと思います。笑

 

でも東京都民には遠くて面倒ですよね…。

今は夏なのでなかなかありませんが、

冬場だとイルミネーションを見ながら、

なんていうのも効果的だそうです。

 

夏場だったら花火とかも良いかもしれませんね。

花火で綺麗にされている夜空を見ながら告白すると、

上手く行ったりもするかもしれません。

 

これから自分で実験してみて追記していこうと思います。笑

 

僕の失敗を踏まえて、皆様には失敗しない告白ライフを送って頂ければなぁと思います。

斉田でした。

広告を非表示にする