すーさいだーず

わが身を削りネタを提供していく、とあるニート研究者のブログです。役立ち情報や雑記など書く予定。暇つぶしにでもなれば幸いです。

喜んでハイチュウ1箱を1000円で買った話

こんにちは。

斉田です。

 

昨日僕は人生初めての体験をしました。

 

それは、ハイチュウ1箱を1000円で買ってしまった話です。

しかも、全くいやな思いをしませんでした。

ぼったくりバーに行ったのではありませんよ笑

 

 

f:id:cidersuu:20160704152247p:plain

 

さて。

もうこのブログを読んでくださっている方は察しているでしょうが、

僕は結構ケチです。

 

もともと金の無駄使いをするのは嫌いなのに、

リターンもしょぼく無駄に終わるかもしれないギャンブルにお金を使うことなんて、

なんで喜んでしなければならないんだと思っていました。

ですが…。

 

 

 

ゲームセンターにて

 

久しぶりにゲームセンターに行きました。

僕はゲームセンター自体お金が勿体ないのであまり行かないのですが、

一緒に行った相手はゲームセンターが好きなようでした。

 

「どれか取りたいからやる」

 

出ました。

向かった先は、かなりの無駄遣い度の高いゲーム、クレーンゲームです。

僕は好きにすればいいじゃないかと思って流れに任せておくことにしました。

 

しかし、なんとそこで取ろうと選んだのはハイチュウでした。

BOXには小包装で20粒入りと表記されています。

 

おいおい、ちょっと待てよ。

森永製菓 ハイチュウ ストロベリー 12粒×12個

森永製菓 ハイチュウ ストロベリー 12粒×12個

 

 

ハイチュウなんて12個粒入りのが12個入って1200円もしないんだぞ。

つまり12個で100円もしない。

それを1プレー100円かけて取れても、200円の価値もないから100円のプラスにもならない。

さらにもし200円かけて取れないならば普通に買ったほうがよっぽど得じゃないか…

せめてもっと得になるものを選ぼうよ。

 

などと僕が損得勘定で色々考えているうちにプレーを始めてしまいました。

 

しかし、結果はダメ。

 

当然取れない。

クレーンゲームなんて取れるように出来ていないんですね。

そう思っていましたし、やる前から分かっていたことです。

 

さあ、無駄にならないうちに引き上げるんだ。

 

僕は心の中で思いました。

 

すると秒で財布から硬貨を取り出しまさかの連コインです。

 

おいおい、マジか。

200円支払ったらその時点で赤。

どう転んでも赤なんだぞ。

 

僕は思いました。

でもプレーは止まりません。

 

当然取れないハイチュウ。

ハイチュウの山が崩れてしまいました。

もう取れないでしょう。

 

しかし無言の圧力がかかります。

僕を見ている視線があるのです。

僕は今まで人生で一度もクレーンゲームをしたことがありませんでした。

 

でも、仕方がないか…

やらざるをえない空気だったので、

仕方なく100円をどぶに捨てることにしました。

さようなら僕の100円。

 

もちろん結果は取れません。

取れずに少しオーバーリアクションをしてしまい、

軽く引かれてしまったような気がしますが、

結構面白かったのです。

というか、悔しい。

取れないと悔しいですね。

 

僕が

「これはもう無理だね」

 

とあきらめを促そうとするのですが、

絶対に取れると断固として譲りません。

 

またしてもコインを投入します。

ただあるだけで金を吸い取っていく台。

恐ろしいほどに儲かっているのでしょう。

 

僕が見ただけでも、他に五人お菓子の別の台にチャレンジして、

誰も取れていませんでした。

最悪です。

店側大儲けです。

 

その後も僕も合計3回プレイ、

連れは合計7回プレイ。

合計10回もかかって、

ようやくハイチュウが取れました…

 

f:id:cidersuu:20160704150956p:plain

 

1000円のハイチュウです。

 

連コインを繰り返す様は、

さながら負けを取り返すために勝負を繰り返すギャンブラーのようでした。

負けを取り返そうという発想はギャンブルにおいて最悪らしいです。

損切りが大切だそうですね。

 

さて、念願のハイチュウです。

連れは満足げにしていました。

僕もいくつかおこぼれをもらいました。

ありがたや。

 

「1000円もかけてハイチュウを買うはめになったね」

僕はぼやきましたが、

不思議とそう嫌な気分はしませんでした。

 

損得じゃなくて、

楽しいからやっちゃう、と言っていました。

そんなものなんですね。

そういう考え方が今までなかったので、

とても新鮮でした。

 

 

 

クレーンゲームは意外と楽しい

 

初めてやってみましたが、

クレーンゲームは意外と楽しいです。

ハマる人がいるのも頷けます。

 

取れそうで取れないところが絶妙に心理を誘導してきますね。

はまりそうになりました。

 

ですが、あれにお金を費やすのは本当に無駄なので、

お金がある時にほどほどにするのが良さそうですね。

 

こんなことであっても、新しいことを体験するのは悪くないな、

と思った斉田でした。

 

今日も読んでくださりありがとうございます。

広告を非表示にする