すーさいだーず

わが身を削りネタを提供していく、とあるニート研究者のブログです。役立ち情報や雑記など書く予定。暇つぶしにでもなれば幸いです。

モバイルバッテリーは店舗で買うな!AMAZONで購入した方が得な理由と価格差

おはようございます。

 

昨日私用で秋葉原に出かけたのですが、

スマホを充電し忘れていました。

仕事でスマホを使うため、

常に充電は切らさないようにしているのですが、

なんとスマホを充電するためのモバイルバッテリーが壊れていて、

充電器に刺していたのに、充電がされていない…

仕方なく、電気屋でモバイルバッテリーを探します。

 

 

 

モバイルバッテリーの実店舗とオンラインの販売価格差に愕然

 

新しい充電器を買うかぁ、と思ってふらりと立ち寄ったのが

ヤマダ電気。

 

他店価格対抗なんかもやってくれる、

かなり格安の家電量販店です。

 

早速店内に入り、

モバイルバッテリーのコーナーを見てみることに。

 

しかし、パッと見ただけで

 

「なんか、明らかにネットより高い」

 

ヤマダ電機の価格は、大型量販店の中でもかなり安い方で、

たまに売れ残りのワゴンセール品なんかがネットに転売されていたりもするのですが、

バッテリーの平均価格が2000~4000で、容量もなんだか少ない。

明らかに外で充電が欲しくなった人に対する価格なのでしょうか、

通販で見慣れていた僕からするととても高いです。

 

試しに、良い感じの容量だが少し高いなと感じた、4500円程で置いてあったバッファローの充電器をAMAZONで調べてみると…

 

2500円…

1500円も違います。

普通にぼったくりすぎでしょう。笑

 

店員さんに交渉してみました。

ヤマダ電機では他店価格対抗をしてくれるので、

他の電気屋さんのヤマダより高い価格を見せると、

その価格に近づけてくれるのです。

 

AMAZONのページを見せて、同じくらいになりませんかと交渉してみます。

しかし…

 

「原価割れちゃうんで、これが限界ッスね」

 

と呈示されたのが、

1000円引き、ポイント無し。

つまり、3500円税別

 

AMAZONと比べると、1000円以上高いことになります。

 

AMAZONなどのオンラインショップが値下げをすると、

実店舗での相場も下がるのが基本。

ですが、モバイルバッテリーは僕のように『出先ですぐに充電が必要』と言った人間に需要があるので、正直ぼったくっていても売れるんでしょうね。

とりあえず今だけの急ごしらえでいいかと思って探したものの、

1000円以下のバッテリーは1つもありません。

 

なんて足元を見た価格設定なんだ・・・

と思いつつも、バッテリーが壊れてしまっていて充電が必要なため、

なくなく購入・・・。

同条件で1000円以上の損失があるのはなんだかテンションが下がってしまいますよね。

 

モバイルバッテリーは、事前に準備しておこう

 

僕のように仕事でスマートフォンを常に使う必要があって、

充電を切らしてはいけない人は、

実店舗でなく、AMAZONなどオンラインショップでバッテリーを購入することをオススメします!

 

オンラインショップでは、

昨日の僕のような緊急の需要に対応できないため、

実店舗と比べて安めに出しているのでしょう。

同じ金額を出せば、かなり容量の大きいものを買うことが出来ます。

 

ちなみに、楽天で買ったノーブランドで容量12000Aで1300円のバッテリーは4つ買って3つも2-3ヶ月のうちに壊れてしまいましたので、

大手メーカーの保障付きのモバイルバッテリーがオススメです。

 

帰ってから色々調べてみて、

これなんかがいいんじゃないかと思いました。

僕は出先で勢いのままバッファローのルーターを注文してしまいましたが、

少し後悔しています。

次に買うならこれにしようと思っています。

 

 

 

昨日の経験を踏まえつつ、

これからは絶対に通販でしかモバイルバッテリーは買わないぞ!と心に決めた僕なのでした。

 

 

広告を非表示にする